• ミチビク 株式会社

【IPO関連用語解説】IPOコンサルタント

IPOコンサルタントは、文字通りIPOを外部から支援するコンサルタントです。

ここでは代表的なIPOコンサルティング会社もいくつか紹介します。


IPOコンサルタントとは?


IPOコンサルタントとは、書いて字の如く、IPO準備企業を外部から支援するコンサルタントです。


監査法人出身の会計士や、証券会社出身者、IPO実務経験のある管理系人材などでメンバーが構成されています。


会社により得意・不得意があるので、1から10まで依頼するのでは無く、自社のリソース状況等々を考慮し、必要な部分を外だししていく活用方法が良いです。

また逆に、全部内製化しようとすると、不必要にリソースを消費してしまうので、ポイントポイント活用する方が良いです。

(IPO実務は、マザーズ/グロース上場時か、加えて1部/プレミアム昇格が重く、仮にIPOに特化した人員を採用すると、それ以降の活躍の場が減ります。もちろん、IR実務やディスクロージャー実務があるので、仕事自体は沢山あるのですが。また、会社が重要視していなかった部分が実はIPO審査上クリティカルで、気が付かない内に入り口で既に失敗していた、という例もあります。)


  • 全体のプロマネ

  • 規程の制定やメンテナンス

  • 内部監査

  • 内部統制

  • 上場審査書類作成

  • 審査対応


例えば上記のような項目を依頼するのですが、どのような部分が自社に不足しているのか(逆に無理してリソースを足したくないのか)を考えると良いでしょう。

ショートレビューやビューコンを終えると、一定、会社の課題が明確になって来ますので、どこを穴埋めしやすいかの考慮もしやすいはずです。


 

本用語解説は、IPO実務上の観点での記載であり、投資観点での記載は行っておりません。

同様に、情報の提供を目的としたものであり、金融商品の勧誘を目的としたものではありません。

閲覧数:3回0件のコメント