• ミチビク 株式会社

(用語解説)バリュエーションとは

ここではバリュエーションについて用語解説していきます。

様々な投資案件において汎用的に使われる用語ですが、IPO進行企業にとっての意味合いに絞って考えます。


バリュエーションとは


バリュエーションとは、企業の価値評価のことです。

M&Aや通常の株式投資をはじめとして、様々な投資価値の計算や判断に対して呼称されています。


IPO進行企業においては、エクイティでの資金調達や新株予約権(ストック・オプション)の付与において重要な意味合いを持ちます。

特にN2以降については、事実上、必須となります。


バリュエーションの手法としては次のような物があげられます。


ネットアセット・アプローチ:B/S純資産をもとに算出(簿価純資産法、時価純資産法)
マーケット・アプローチ:類似企業の株価や過去の評価事例を参考に算出(市場株価法、類似企業比較法/マルチプル)
インカム・アプローチ:将来C/FP/Lの現在価値等に基づいて評価(DCF法、収益還元法)

ベンチャー企業の場合は、大体においてPERマルチプルが使用されます(近年はPSRを使用しているな、と思われる事例も増えてきました)。


なお、自分達の会社や上場会社でなくても、資金調達のリリースと登記簿謄本を突合すると、他社のバリュエーションが一定推定可能です。


バリュエーションの計算


企業のバリュエーションは次の式で計算できます。


バリュエーション(時価総額) = 発行済株式総数 × 一株あたり株価(発行価格)


これは、非公開会社(未上場企業)であろうと、上場企業であろうと、基本的には変わりません。

上場企業の場合は、株価が明確にあるため、発行済株式数に株価をかければバリュエーションが求められます。

上場企業においては、取引所が開いている時間において、株価は常に変動しますが、非公開会社(未上場企業)においてはそうはなりません。

ある調達ラウンドを終えた場合、次の調達ラウンドが行われるまで、バリュエーションは動きません。


プレとポスト


ベンチャーファイナンスの調達ラウンド(バリュエーションタームと言う)において使う用語に「プレ」と「ポスト」という言葉があります。


プレはプレマネーバリュエーション(Pre Money Valuation)の略、

ポストはポストマネーバリュエーション(Post Money Valuation)の略となります。


それぞれ、プレバリューやポストバリュー、ないしは何度も使っているように、単純にプレとかポストのように呼ばれます。


ここでは長いので、プレ、ポストと呼びます。


プレとは

 

プレとは資金調達前の企業価値、つまり新規投資がなされる前の時価総額のことを指します。

(企業価値と時価総額の違いについては、ここでは端折ります。)


上記で、バリュエーションの計算式を次のように示しました。


バリュエーション(時価総額) = 発行済株式総数 × 一株あたり株価(発行価格)


この計算方法はプレの計算方法となります。


そして、一般的にバリュエーションのという言葉を使う際は、プレのことを指します。

用語の使い方が曖昧なシチュエーションにおいては、「今の数字はプレ?それともポスト?」なんて会話が出てきます。


じゃあ、なんで一般的にバリュエーションはプレのことをさすのかというと、それは企業の現在価値をもって、投資家といくら調達するのかを交渉するからです。

企業の現在価値は、DCFやマルチプルを用いて算定しますが、この算定基礎となるのが事業計画です。

事業計画は資金調達前のものになるので、それを元に算定した企業の現在価値は、プレのことをさす形になります。


ポストとは

 

プレが資金調達前の企業価値のことをさすのに対し、ポストは資金調達後、つまりは新規増資により、新しいお金が入った後の企業価値のことを指します。


ここでプレとポストの関係を整理すると、下記のようになります。


プレ + 新規調達額 = ポスト


プレ = 発行済株式総数 × 一株あたり株価(発行価格)


繰り返しますが、調達ラウンドにおいて、企業が投資家と交渉をするベースはプレになります。

上述の通り、DCFやマルチプルで算定した企業価値を、投資前の発行済株式総数で割ることにより、一株当たり株価、つまり「発行価格(引受価格)」が決まります。


なお、ここでの発行済株式総数ですが、潜在株式(ストックオプションですね)全ての希釈化と、種類株式すべてが普通株式に転換した前提で計算します。


整理すると、次の計算式になります。


プレ = 希釈化後発行済株式総数 × 一株あたり株価(発行価格/投資時の引受価格)


計算例


例として、下記の条件でプレとポストを計算してみます。


プレ:50億円

発行済株式総数:10,000株

経営メンバーの持株比率:50%(5,000株)


引受価格 = 50億円 ÷ 10,000株 = 500,000円/株


調達額:10億円


新規の発行株式数 = 10億円 ÷ 500,000円/株 = 2,000株


ポスト:60億円

発行済株式総数:12,000株

経営メンバーの持株比率:41.7%(5,000株)


 

本用語解説は、IPO実務上の観点での記載であり、投資観点での記載は行っておりません。

同様に、情報の提供を目的としたものであり、金融商品の勧誘を目的としたものではありません。

閲覧数:23回0件のコメント