• ミチビク 株式会社

(IPO関連用語解説)証券取引所とは

IPOを語る上で切り離せないプレイヤーに証券取引所があります。

ここではIPOにおける証券取引所について、用語解説していきます。


証券取引所とは


証券取引所とは、金融商品取引法の定めに則り、株式や債券などの売買を行うための施設であり、その施設を運営する組織です。

大量の株式や債券の需給を統括し、公正な市場流通を図っています。


取引市場には次のものがあります。


  • 一般市場(本則市場)(プライム市場,スタンダード市場):東証一部、二部、名証一部、二部、福岡、札幌

  • 新興市場(グロース市場):マザーズ、ジャスダック、TOKYO PRO、Q-Board、セントレックス、アンビシャス

  • 私設取引所(PTS市場)


この内、東京証券取引所(東証)は、日本最大の証券取引所となり、ベンチャー企業にとっては、IPOにおいてまずはマザーズ上場(グロース市場)を目指すのが一般的です。


IPOと証券取引所


IPO(上場)とは、証券取引所が開設する証券市場で自社の株式を発行・流通させていくことです。

つまり、IPO=証券取引所と密接な長い付き合いとなる、という事です。


上場申請を行った後、証券取引所の不受理要件に該当しなければ、上場審査が開始されます。

IPOのためには、この上場審査をクリアする必要があります。


上場審査では、上場審査基準を満たしているか否かだけでなく、事業内容や内部管理体制についてヒアリングや実施調査、関係者(経営陣、監査役、会計監査人等)との面談が行われ、投資家保護の観点で問題が無いかどうか審査されます。


また、IPO後も流通市場の運営者として、上場企業に各種のルール遵守を求めていく形となります。


なお、IPO時は多くの場合、マザーズ上場となりますが、業容が拡大していくと第一部にあがる事を目指すのですが、ここでもまた審査が行われます。


非常に負担が大きく、コストもかかるのですが、上場を果たすことにより、社会的な信用も得られ、金融機関からの資金調達や、人材の確保等でも有利になります。

当然、資本市場からの資金調達の手段もこれまで以上に増える形になります。


 

本用語解説は、IPO実務上の観点での記載であり、投資観点での記載は行っておりません。

同様に、情報の提供を目的としたものであり、金融商品の勧誘を目的としたものではありません。

閲覧数:2回0件のコメント